組織開発・人材開発のインヴィニオ トップページ

>

プロデューサー・エデューサー・講師紹介

Educers

エデューサー

代表取締役社長 土井 哲 : Satoshi Doi

東京大学経済学部卒業後、東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。在職中にM.I.T.(マサチューセッツ工科大学) スローン経営大学院卒業。92年マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。主に通信業界、ソフトウェア業界のコンサルティング、情報システム構築のコンサルティングに従事。同社を退社後、95年ベンチャー企業支援のコンサルティング会社の設立に参加。97年7月、インテリジェンスビジネスプロフェッショナルスクール運営会社、株式会社プロアクティア(現株式会社インヴィニオ設立に伴い、代表取締役社長に就任。経営者養成の研修の企画のほか、企業の実際の課題をとりあげた戦略研修などを担当。

リーダーシップ インサイト最新記事

組織文化の変革と定着 [詳細はこちら]
経営陣に組織論が受けない理由 [詳細はこちら]
戦略ストーリーの構築は“エイ、エイ、オー”で [詳細はこちら]
[執筆記事一覧はこちら]

取締役 高井 正美 : Masami Takai

東京大学工学部計数工学科卒業後、三菱重工業入社。90年、スタンフォード大学航空宇宙工学科博士課程(Ph.D.取得)卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。日本AT"Tマルチメディア事業部長を経て、95年エシェロン・ジャパンに入社。代表取締役副社長として知的分散制御ネットワークLONWORKSの日本市場における事業を統括。2002年株式会社インヴィニオ取締役就任。

リーダーシップ インサイト最新記事

組織開発再考 ~Is it new or an old story?~(後編)
組織開発再考 ~Is it new or an old story?~(前編)
Reverse Innovation(リバース・イノベーション)~イノベーションは新興国から始まる!
[執筆記事一覧はこちら]

平井 朋宏 : Tomohiro Hirai

株式会社インヴィニオ プログラムデベロップメント ディレクター
イギリスUniversity of Warwick大学院にてSocial and Political Theory (MA)を取得。帰国後、ファッション業界などを経て、イギリスに本社を置くエグゼクティブ向け戦略情報プロバイダーにて日本のリサーチ部門を統括、様々な業界でのトップ層に向けたコンファレンスやサミットの企画を管理するかたわら、企業のマーケティングイベントにおけるコミュニケーション手法のアドバイスやエグゼクティブエデュケーションなどを実施。2003年より㈱インヴィニオにおいて、組織開発コンサルティングや介入ワークショップの企画と設計、講師としてもコーチング・ラボ研修や問題解決ワークショップなど、数多く実施。また、海外にて実施されている人材及び組織開発ツールの導入、スウェーデン企業とのパートナーシップにより組織開発手法の一つとして経験学習のフレームをベースとした経営シミュレーションを展開中。日本コンペティティブ・インテリジェンス学会理事。

横山 徹 : Toru Yokoyama

株式会社インヴィニオ エデューサー
東京大学経済学部卒業後、電通入社。営業、セールスプロモーション、クリエーティブ等現場部署を経験した後、経営企画部門、人事部門および電通総研において、全社経営戦略、組織戦略、人事戦略策定業務に従事。2007年より北京の現地法人にてナショナル・スタッフの人材マネジメント構想を策定。帰国後、グローバル・ヒューマン・リソース室長就任。前述の構想をベースに電通における経営幹部およびグローバル人材マネジメント戦略を策定。日本人とナショナル・スタッフを統合した人材マネジメントプログラムの開発から実施、社内浸透などの幅広い分野に精通。

伊藤 修 : Osamu Ito

株式会社エッセンティア 代表取締役社長
東京大学工学部卒業,マサチューセッツ工科大学大学院修了(Master of Science),東京大学工学博士。松下電器産業情報通信研究センター・特別開発室長,マッキンゼー・アンド・カンパニー,日本総合研究所技術戦略クラスター・主席研究員を経て,2005年4月,株式会社エッセンティア(=ラテン語で「本質」)を設立(資本金7,000万円)。技術と経営に関わる戦略コンサルティングに加えて,エマージング・ビジネスの開発および(ロングポジション主体の)投資事業をスタート。「言語の脳科学」の研究開発事業にも取り組む。

リーダーシップ インサイト最新記事

OS講座:市場経済の中の贈与経済―その逆ではなく―その2
OS講座:市場経済の中の贈与経済-その逆ではなく-その1
[執筆記事一覧はこちら]

中串 昌弘 : Masahiro Nakagushi

プロスペクタス・デザイナー
1991年京都大学大学院卒。同年マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。プロジェクトマネジャーとして、食品、流通、通信、化学、機械など幅広いクライアントに対して、新規事業開発、マーケティングなど全社戦略・組織改革などに従事。99年より株式会社クリーク・アンド・リバー社経営戦略室室長、プロフェッショナルエデュケーションセンター長として、主にビジョン構築、海外戦略、IR、M&Aなどに従事。2003年よりフリーのプロスペクタス・デザイナーとして活動。

リーダーシップ インサイト最新記事

新規事業のアイデア作りの誤解
その分析、必要ですか?
新たなものを生み出すという思考
[執筆記事一覧はこちら]

菅野 誠二 : Seiji Kanno

有限会社ボナ・ヴィータ 代表取締役 経営コンサルタント 戦略コーチ
早稲田大学法学部卒業。IMD経営学大学院修士 (MBA)。 ネスレ日本株式会社でパッケージデザイン・宣伝・販売促進・市場調査を経験後「ネスカフェ・エクセラ」の商品担当。マッキンゼー&カンパニー社にて、営業戦略立案と営業活性化プロジェクトの実施や、商社のマルチメディア戦略、新商品開発プロセスのリエンジニアリング、ニューメディアバンキング戦略立案、製造小売業の戦略立案等を担当。ブエナビスタ(ディズニーのビデオ部門)にて、マーケティングディレクターを担当。株式会社イマジーン(東京コカ・コーラ社グループの戦略立案部門)にて、新規事業開発担当。 マッキンゼー&カンパニー社のパートナーであった大石佳能子、大洞達夫とのネットワーク会社として有限会社ボナ・ヴィータを設立。ベンチャー企業を支援する傍らコンサルティングによる企業の戦略立案と、アクションラーニング®を通じた企業変革に携わっている。

楠木 建 : Takeru Kusunoki

一橋大学大学院 国際企業戦略研究科教授
一橋大学大学院国際企業戦略研究科(ICS: International Corporate Strategy)教授。専攻はイノベーションのマネジメント。新しいものを生み出す組織や戦略について研究している。一橋大学大学院商学研究科博士課程修了(1992)。一橋大学商学部専任講師(1992)、同大学同学部およびイノベーション研究センター助教授(1996)、一橋大学大学院国際企業戦略研究科助教授(2000年)を経て、2010年4月より現職。組織学会理事。
主な著書:Innovation in Japan (1997、Oxford University Press・共著)、Technology and Innovation in Japan: Policy and Management for the Twenty-First Century (1998、Routledge・共著)、Japanese Management in the Low Growth Era: Between External Shocks and Internal Evolution(1999、Spinger・共著)、Managing Industrial Knowledge (2001、Sage・共著)、『ビジネス・アーキテクチャー』(2001、有斐閣・共著)、『イノベーションと知識』(2001、東洋経済新報社・共著)、『ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件』(2010、東洋経済新報社) などがある。

リーダーシップ インサイト最新記事

「市場を向いた経営」?
戦略は「ストーリー」
「戦略」と「戦略でないもの」
[執筆記事一覧はこちら]

玉木 昭宏 : Akihiro Tamaki

株式会社サイファ代表取締役
90年、立教大学社会学部卒業。94年、米国デンバー大学経営大学院にてMBA取得後、プライスウォーターハウス・ニューヨーク事務所に入所。日米大手企業の会計監査およびコンサルティングに従事。96年、監査法人トーマツ トータルサービス部に入所。株式上場支援業務に携わる。2000年、株式会社キャピタルマネジメント入社。一部上場企業への経営コンサルティング、M&Aアドバイザー業務に従事。2001年、株式会社イノベーション・アンド・イニシアチブ(現インヴィニオ)へ移籍。事業戦略、財務分析、事業計画立案などを中心に講師として活躍。2006年、財務分析を切り口に課題設定、戦略立案スキル習得を支援する人材育成型コンサルティング会社「株式会社サイファ」を設立し、代表取締役に就任。米国コロラド州公認会計士。

リーダーシップ インサイト最新記事

財務分析を課題設定に活用する:その2
財務分析を課題設定に活用する
ビジネス数字を構成する3つの分野とその構造
[執筆記事一覧はこちら]

Mick Brooks

Managing director and principal consultant of Interactive Business Simulations
Mick Brooks is managing director and principal consultant of Interactive Business Simulations, a Singapore-based company specializing in enhancing business acumen through board-based competitive simulations. Mick was born in the UK, but has lived and worked in continental Europe, the Caribbean and the Middle East before settling in Asia for the past 20 years. He is a UK Chartered Accountant (FCA) with a strong background of multinational financial and general management experience. He has coached new business start-ups in the UK, and has started five companies of his own.
Mick is known for his passionate and energetic approach to ‘the business of business’. Using simulations from leading-edge learning organizations, participants work in teams to out-think and outsmart their ‘competitors’, possibly taking on unfamiliar roles within their teams – the result is truly embedded and immediately applicable learning, based on their own experience rather than received wisdom.
Mick’s clients have included including Accenture, JP Morgan, Deutsche Bank, Cisco Systems, Motorola, Nokia, Philips, Matsushita, Panasonic, Kodak, SAP, Bayer, Jotun, 3M and Shell.

ページの上部へ戻る