Company Profile・Access Map

会社概要・アクセスマップ

1997年設立以来、200社以上の企業にて、経営幹部育成・グローバルリーダー開発・戦略/Way浸透・事業開発・企業変革の実績を持つ。特に戦略構築支援と戦略を実行しパフォーマンスを向上していくための組織開発・人材開発の結果については顧客から高い評価を得ています。
日本におけるアクションラーニング®のパイオニアであると同時に、アクションラーニング®の手法を、厳しい成果が求められる社内プロジェクトの現場にいち早く導入しています。 長年のアクションラーニング®の実績に裏打ちされた、ラーニングプロセスの設計をベースに、ダイアログマットによる効果的な戦略/Wayのアラインメント・ソリューション。スウェーデンのセレミ社との提携による効果的な経営感覚の獲得手法。イノベーションやビジネスモデルの創出手法。競合情報を組織としてのアクションに繋がるレベルまで纏め上げるCI(Competitive Intelligence)。研究所に向けて開発した新事業や新製品開発にモメンタムを与えるビジネスR&D。世界的なグローバル企業で多くの実績を持つIMD教授デニソン博士による組織文化調査の日本展開など、常に最新かつ効果的な人材育成・組織開発手法を取り入れ、顧客価値の向上のために進化を続けています。

会社概要
社名
株式会社インヴィニオ
設立
1997年7月1日
資本金
5,000万円
代表
土井 哲 [代表者略歴はこちら]
所在地
本社
住所
〒105-0001 東京都港区虎ノ門5-11-1 オランダヒルズ森タワーRop 1208
TEL
03-5733-4030
FAX
03-5733-4040
E-mail
info@invenio.jp
関西オフィス
住所
〒604-8118 京都府京都市中京区堺町通三条下る道祐町141 I.B-OfficeN420
TEL
TEL:075-257-7800
E-mail
info@invenio.jp
グループ企業
INVENIO CHINA.,LTD
英必諾企業管理諮詢(上海)有限公司 [詳細はこちら]
沿革
1997年
株式会社プロアクティアとして設立。
現慶応義塾大学大学院 政策・メディア研究科教授 (前ワトソンワイアット(株)代表取締役社長)高橋俊介氏を学長に迎え、インテリジェンス ビジネス プロフェッショナル スクール(IBPS)を開校、自律・自立的なプロフェッショナル人材の育成と輩出を目指す
1998年
企業向け研修サービスを開始
1999年
一橋大学大学院 一條 和生教授とともに「経営者育成プログラム」(経営塾)を開発
2000年
企業の経営課題を解決する研修や、新規事業を開発する研修などカスタマイズ型のプログラムを本格展開
2001年
企業向けサービスに徹するために、個人向けIBPSを閉校
社名をイノベーション・アンド・イニシアチブに変更
アクションラーニング®という独自の手法で数多くの企業の人材開発と業績改善に貢献
2003年
アクションラーニング®を企業変革の新たなメソドロジーに進化させるべく研究開発部門を増強
心機一転、社名を「インヴィニオ」に変更するとともに、社屋を移転
人材開発及びコンサルティング実績は上場企業を中心に100社以上
2004年
Eラーニング・コンテンツの提供を開始
自社の現状、自身の現状に関して「気づき」 を与えるワークショップを展開
CI(Competitive Intelligence)の導入
2005年
アクションラーニング®を企業変革の現場に導入
主にメーカー系の研究所を中心に、新事業や新製品開発にモメンタムを与えるビジネスR&Dコーチングを展開
2006年
パフォーマンスに直結する組織開発メソドロジーを強化すべく、研究開発を強化
リーダー開発における成功体験・失敗体験、リーダー開発におけるエデューサーの知見などをまとめたサイト、INVENIO LEADERSHIP INSIGHTをスタート
2007年
セレミ社と提携し経営感覚を獲得するマネジメントシミュレーションの展開
IMD教授デニソン博士による組織文化調査の展開
ナショナルスタッフやグローバルリーダー向けのプログラム強化
人材開発及びコンサルティング実績は上場企業を中心に180社以上
2009年
企業理念の社内への展開や事業戦略のカスケーディングなどを目的とした「ダイアログマットセッション」の展開を開始
2010年
中国での事業を開始
2011年
「英必諾企業管理諮詢(上海)有限公司」を設立。中国での事業を強化。中国現地法人の課題に合わせた独自コンテンツ群を開発と展開
2014年
人材開発・組織開発及びコンサルティング実績は上場企業を中心に240社以上
ページの上部へ戻る