組織開発・人材開発のインヴィニオ トップページ

>

ケーススタディ

>

サービスポートフォリオ変革

サービスポートフォリオ変革

Background (依頼背景・課題意識)

現在、B社は毎年大きく売上を伸ばしている。しかし、サービスのコモディティ化や顧客のグローバル化などの影響を受け、このままでは数年後にはその伸びが止まると経営層は予測していた。

今後のさらなる成長を目指すには、顧客層やサービス提供エリア、顧客との関係性など全てにおいて、現在のサービスポートフォリオを大きく変える必要があり、そのためには、これまでの受注型の営業スタイルからソリューション型へと質的な転換も短期間で実行しなければならなかった。

しかし、B社の社員はプロフェッショナル採用が多く、多忙な中自分の仕事に集中してしまう傾向が強いため、このような全社的な変革については話し合う機会が少なかった。

そこで経営層は、全社員がその変革の意味と、その変革を推進する上で必要となる組織や人材のイメージを持つことが、新たな戦略を成功させる第一歩であり、変革を成功するための必須要件と考え、本プロジェクトの発足にいたった。

Objectives(目的)

Program Overview(概要・言語・対象者等)

【対象者】
経営層、管理職、一般社員
【言語】
日本語
【概要】

自社のビジネス構造、利益を創出する仕組みの理解:ビジネスシミュレーション(2日)

自社の事業戦略/組織変革の方向性の理解:ダイアログマット・ワークショップ(2日)

Outcomes(導入企業の変化・参加者の変化等)

ページの上部へ戻る