組織開発・人材開発のインヴィニオ トップページ

>

ケーススタディ

>

若手の自律型人材育成強化

若手の自律型人材育成強化

Background (依頼背景・課題意識)

あるメーカーG社では、若手が3年目終了時までに論理的思考、計画力、影響力など業務遂行に不可欠な基本的なスキルを設定し、そのスキルを身につけることを義務づけている。入社3年の間に確実に身につける方法論=アタマでわかっている状態ではなく、仕事で使いこなせている状態にするための方法論を考案し実現するよう依頼を受けた。

Objectives(目的)

Program Overview(概要・言語・対象者等)

【対象者】
3年目の社員全員
【言語】
日本語
【概要】
どのようなスキルでもそれを習得し、使いこなせるレベルにまで引き上げるには、時間がかかると同時にモチベーションの維持が不可欠になる。そこで以下のような仕組みを組み込んだ。

Outcomes(導入企業の変化・参加者の変化等)

ページの上部へ戻る