EXECUTEを重視した 組織改革実行プログラム Change Leader Certification Program チェンジ・マネジメントリーダー認定コース Innovation推進のプロフェッショナル INVENIOとHPIによるChange Managementインストラクショナルデザイン(ATD認定パフォーマンス・コンサルタント)によるコラボレーションプログラム EXECUTEを重視した 組織改革実行プログラム Change Leader Certification Program チェンジ・マネジメントリーダー認定コース Innovation推進のプロフェッショナル INVENIOとHPIによるChange Managementインストラクショナルデザイン(ATD認定パフォーマンス・コンサルタント)によるコラボレーションプログラム

第2回チェンジマネジメント認定コース中止のご案内

この度、本コースはグローバル認定コースとして生まれ変わることとなり、急遽、実施を中止させていただくことになりました。
ご迷惑をおかけすることとなってしまい、大変申し訳ございません。

近々、グローバル認定コースとしてチェンジマネジメント・リーダー育成コースをあらためてご案内いたしますので、
そちらへのご参加をご検討賜りますよう、重ねてお願い申し上げます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

変革ニーズは目白押し

しかし・・・・・ 70%の変革プログラムが失敗している現実

  • ・プロジェクトで終わってしまっている
  • ・「人」の「感情」が置き去りになってしまっている
  • ・仕組みやシステムの導入が目的になってしまっている

M&A(企業統合)、事業統合・整理、組織規模の縮小・リストラクション(かつ生産性の向上)、常に求められるイノベーション、グローバル事業進出、買収、AIやロボティックス・・・・・そして、働き方改革など、経営環境を取り巻く状況は、ますますスピーディーな変化を組織に求めています。しかし、多く(70%)の「組織改革プログラム」は、失敗に終わっていると言われています。(https://www.mckinsey.com/industries/retail/our-insights/the-how-of-transformation 他のリサーチ結果による)「変革」を成功させるためには、パフォーマンス基盤(人・プロセス・ツール)に対する包括的なパフォーマンス向上アプローチと、マインドセットと行動を変えるための戦術的アクションを同時に進行していくことが重要です。しかしながら、施策ごとの専門家や導入プロジェクトはあっても、組織成果を見据えたチェンジ・マネジメントリーダーに求められる包括的なスキルや知識を身に着けることができる場は、日本国内においては、なかなかありませんでした。

認定コースの特徴

  • ■ 理論と実践と踏まえたプロフェッショナルにのみ与えられるATD CPLP(Certified Professional in Learning & Performance) コンサルタントの監修&設計によるグローバルスタンダードに対応する認定コースで、ATD ラーニング&プロフェッショナルコンピテンシー10項目の中の1つにある”Change Management”の詳細をカバーしております。また、最終日の知識試験、実践結果報告と継続プランが一定の基準を満たしていることを条件に、組織における変革イニシアチブをリードする実践プラクティショナーとして、“Leading Change Management Practitioner”の認定が得られます。
  • ■ 「組織開発(OD)の知識」や「ファシリテーションスキル」の習得が目的ではありません。組織行動学やマネジメント理論、パフォーマンス改善(Human Performance Improvement)理論に裏付けされた フレームワークやツールを使った実行計画と実践によるチェンジ・ マネジメントの実績と経験を促すアクションラーニングです。
  • ■ コースは「入門編(Basic)」と「実践編(Practitioner&Leader)」にて構成。お一人の参加も可能ですが、後半の「実践編」ではチームでの 参加を推奨します。変革イニシアチブの実現と実行をより確実なものにします。
  • ■ 変革ステージ毎の実践と発表に対するコーチングとプロフェッショナルのアドバイスが受けられます。

コース概要

知識やファシリテーションスキル習得だけに終わらせない実践チェンジマネジメントを実現します。

Momentumを保って、短期的成果を達成し、変革継続につなげる変革マネジメント

  • Key1:人々の「抵抗」を知る
  • Key2:変革の成果と各人の貢献が認知される
  • Key3:「変わった」マインドセット、行動、プロセス、ツールの活用が「組織」の新しい文化、プロセス、能力として共有される

組織行動やマネジメント理論に裏付けされたフレームワークと、変革推進全体プロセスに必要なツールは、日々変わる組織を取り巻く環境に対応できる「チェンジ・マネジメント」に自信を持って臨むことができるチェンジ・リーダーを支援します。数ヶ月に渡るアクションラーニングによって、変革のMomentumを保ちながら成果を導くプロセスを実践してもらい、継続的変革ニーズに対応する自信を導きだします。

コース目的と対象者

コース参加によって得られること

  • ・自社の変革における「ボトルネック」を見極めることができる。
  • ・ステーク・ホルダーの感情とグループダイナミクスマネジメントを実践できる。
  • ・現状と課題の洗い出しから、「変革推進プラン」を描くことができる。
  • ・「変革ビジョン」と「変革指標」を明確にする方法を学び、自社(自組織)の変革ビジョンとKPI設定を指導を得ながら、確定できる。
  • ・変革実行チームの編成と実行におけるファシリテーション技術を習得できる。
  • ・短期成果の確認とラーニング結果を、指導コンサルタント及び、異業種の変革リーダー同志で共有し、アドバイスを得て、変革行動継続への道筋を描くことができる。
  • ・Practitioner&Leader認定者が集まる変革リーダーイベントに参加など継続的なチェンジリーダー会員向けプラットフォームに参加できる。

コース対象者

  • ・自社(自組織)の変革推進を担う事業本部長、部長クラス
  • ・経営企画や事業企画に携わっている方
  • ・人事・人材開発・組織開発部門など、組織変革のファシリテーションをしていかなければならない方
  • ・「働き方改革」「ダイバーシティ推進」など、組織や職場における改革推進を担っている方

コース全体像

Change Management Basic 認定コース
(2日+1日)

・戦略的アプローチを可能にする「理論とフレームワーク、ツールを知る」

※Basic認定コースのみの申し込みも可能。後半実践コースに引き続き受講希望の場合、改めてエントリーが必要です。

Change Management Practitioner&Leader 認定コース
(Web指導+2日+実践内容発表会1日)

・具体計画と変革成果を得る「プロジェクト・コーチングによるチェンジリーダーの育成」

コース内容詳細

Change Management Basic 認定コース
(2日+1日)

Change Management Practitioner&Leader 認定コース
(Web指導+2日+実践内容発表会1日)

ページの上部へ戻る