組織開発・人材開発のインヴィニオ トップページ

>

セミナー情報

>

アジア各国の業界リーダーが語る日本企業グローバル化の盲点

アジア各国の業界リーダーが語る日本企業グローバル化の盲点

現地人トップの比率、
北欧企業90%、英米企業80%、日本・韓国企業40%。

そんな数字を引き合いに出して、コンサルティング会社は言います。
『経営のグローバル化のため、業務プロセスの標準化とグローバルの組織設計が日本企業にも求められます。GEでは…ネスレでは…』
でも、それって本当?

多くの本社と海外現地法人を支援し、自身も現地法人を経営する中で得た確信。
「日本企業のグローバル化」は、そんなに単純ではない。

海外で成功しているトヨタ、ダイキン、YKK・・・・・
彼らのグローバル化は、GE式でしょうか、欧米化でしょうか?
それぞれが、標準化すべきところと現地適応すべきところを見極めて自社らしさを各現場で展開してきた結果です。

日本企業が世界で勝つ為の、まだどこにもない方程式。
今回のサミットでは、各国で真摯に変革に挑んでいる実務家の”現場事例”から、それらを読み解いてみたいと思います。

グローバル化に真剣に取り組む、皆さまのご参加を心からお待ちしております。

■開催日時・場所

【日程】 2017年3月7日(火)13:15 受付開始(13:30~17:30)
【会場】 ステーションコンファレンス東京
東京都千代田区丸の内1-7-12サピアタワー4-6
【参加料】 無料(事前登録制)
【定員】 100名 ※定員となり次第、締切りとさせていただきます。
【参加対象】 経営者・グローバル人事/経営企画部門・海外事業部門の方々
【お問合せ】 TEL: 03-5733-4030(受付時間 9:00~18:00 ※土・日・祝日を除きます)
【主催】 株式会社インヴィニオ

≫ お申し込みフォームへ

SESSION 1

現地/本社の両面支援から見えてきた、グローバル化を成功に導く4つのD

■主な内容

  • ●徹底的にデータ解析!現法課題の“見える化”、その方法と意外な結果
  • ●本当に“欧米型”で上手くいく?欧米企業にはない、日本企業の課題と解決策
  • ●組織パフォーマンス直結で人気、最新「駐在員変革プログラム」(体験セッション)
Profile

Invenio Asia Holdings.,Ltd
代表取締役社長 大城昭仁
野村證券等を経て、2004年インヴィニオ入社。100社超の大企業に対して、次世代リーダー育成、M&A後の組織統合等広範なプロジェクトを支援。2011年Invenio China.,Ltdを設立、中華圏・アジアにて日系大手企業の異文化マネジメント変革、新規事業開発、現地幹部候補育成等を支援。東洋経済オンライン等で連載・対談多数。

SESSION 2

5ヶ国パネルディスカッション アジア各国で違う、日本企業のマネジメント課題 同時通訳あり

■主な内容

それぞれの国で

  • ●日本企業が抱える課題
  • ●人材の特徴
  • ●マネジメントの注意点
  • ●人材市場の特徴
  • ●○○人と上手く仕事をするコツ
モデレーター

株式会社堀江コンサルティング代表取締役
Invenio Asia Holdings.,Ltd顧問 堀江徹

住友商事を経て、マーサー在アセアン・中国日本企業部ヘッド、タイ法人カントリーヘッド、ヘイグループ日本デスクグローバル本部長、エーオンヒューイット日本法人代表取締役、EY人事アドバイザリー統括パートナーを歴任。中国、シンガポール、タイ、イギリスに在住経験を持ち、一貫して日本企業のグローバル人事をリードしてきたグローバルコンサルタント。

日本・アメリカ

株式会社インヴィニオ
グローバル・プログラム・ディレクター カート・ハーン

早稲田大学、スタンフォード大学卒。UBS証券を経て、1994年より日本で経営コンサルティングに従事。シリコンバレーの著名なベンチャーキャピタルであるセコイア・キャピタルのアドバイザーを務めた後、2013年より現職。

中国

Invenio China.,Ltd
副総経理・プログラム開発統括 ティナ・ティエン

北京大学経済学部にトップ合格。卒業後、韓国サムスン電子のGlobal Scholarship Programに選ばれ、高麗大学大学院で国際商務の修士号を取得。サムスン電子韓国本社にて幹部候補として中国PC事業のマーケティングを統括。その後、アメリカ、日本での業務を経て、2012年より現職。

韓国

70ods 副社長
キム・ジョンビン

ハーバード大学ケネディスクール行政学博士。オレゴン大学、コーネル大学数学学科及び経済学科卒。サムスン電子、大手コンサルティング会社ファームを経て、韓国大手企業(KOTITI、KOSTEEL)にて、戦略企画室本部長、CEOを歴任。

台湾

アスペクトマネジメント
コンサルティングCEO スティーブ・リン

アクセンチュアにて15年戦略、組織人事コンサルティングに従事した後独立。主な専門領域は、企業の変革フェーズにおける戦略プランニング、組織デザイン、リーダーシップアセスメント、マネジメント変革等。

インドネシア

JACリクルートメント
インドネシア会長・取締役 吉原マリコ=アスマラ

インドネシア大学在学時より起業家としてのキャリアをスタート、2002年より現職。幹部・社長クラスの紹介を通じた経営支援に豊富な実績を持つほか、スタートアップや貧困層支援のベンチャーに参画しているインドネシアを代表する社会起業家、教育者。

SESSION 3

先進事例紹介 国を超えた組織文化とタレントの見える化、そして変革の取り組み (住友商事)

■主な内容

  • ●中国・韓国・台湾、各社の組織文化とタレントの見える化
  • ●経営層へのワークショップ展開と、1年以上かけた現場活動
  • ●国を超えたイニシアティブの発揮の方法とこれからのグローバル人事のあり方
Profile

中国住友商事グループ
人事部上級部長
東アジアICW推進責任者
楊方氏

≫ お申し込みフォームへ

ページの上部へ戻る