Leadership Insight

ゴール設定の基本

LEADERSHIP INSIGHT / CCL | 2021/07/16

リーダーの最も重要な仕事はゴールを設定し、そのゴールに到達するために周囲を動機づけて前進する事と言えます。「ゴール設定」はその重要性は強く認識されているものの、意外にも基本的なポイントを外しているために、ゴールとして機能していないというケースがあります。このようなもったいない事態を避けるために、今回はゴール設定の超基本を押さえていこうと思います。

ゴール設定時に避けるべき3つの落とし穴

まず、ゴールを設定し、そのゴールの実現可能性を高めるために避けるべき3つの落とし穴を解説します。

1. 自分自身の価値観・信念の不在:これまで数多くのリーダーが設定したゴールを見てきましたが、その多くが“頭で考えた”ゴール設定になっています。価値観や信念を入れ込めていないのです。自分の価値観、信念を入れ込んだゴールを設定すればそのゴールを実現する可能性がはるかに高くなります。自分自身の感情をゴール設定のプロセスに持ち込み、皆さんのゴールが皆さんの価値観をどの程度、反映しているのかを確認してみてください。

2. 具体性の欠如:既によく知られている“SMART”を使ってみましょう(SMART: Specific, Measurable, Achievable, Realistic, Time-Limited)SMARTな目標を作成したら、大きな目標をより小さな特定のステップに分解して、正しい方向に進むことができます。

3. 支援の不足:高いゴールを掲げても、周囲からの支援、例えばコーチ、チアリーダー、またはメンターなどからのサポートを受けられるとゴール実現の可能性がはるかに高くなります。友人、家族、同僚に支援を求め、皆さんがゴールに向かって進むための協力を取り付けましょう。定期的に目標を見直して、進捗を確認し、自らの努力を再活性化してください。

自分自身の価値観を入れ込んだ実現可能なゴール設定

上記3つの「ゴール設定に関するよくある落とし穴」を避け、代わりに自分の価値観を入れ込んだゴールを打ち立てる方法は次のとおりです。

1. REFLECT:信念・価値観を入れ込む

自分自身の価値観がゴールに反映されていない場合、成功に向けた動機付けは弱くなります。だからこそ、自分の価値観を正確に知っておく必要があります。これまで、そしてこれからのキャリア、自分自身のありたい姿、家族との関わり方、自分が参加しているコミュニティでの存在、自分の精神状態の5つのポイントを振り返り、それぞれのポイントで自分がどのように行動しているのか、その行動にはどのような自分の価値観が反映されているのかを確認することをお勧めします。この内省によって自分が何を変えたいのか・改善したいのかのヒントが得られます。

例えばこんな問いかけを自分自身にしてみると良いでしょう。

自分はいったい何に時間とエネルギーを費やしているのか?何に熱中しているか?もっと何をする必要があると考えているのか?何を減らすべきと思っているのか自分に足りないものは何か?

時間をかけて自分の考えや気持ちを処理し、変更したいこと、または別の方法で実行したいことを5つ挙げてみてください。この作業はよって自分の意思を実現するための重要な最初のステップです。

2. FOCUS:集中し、研ぎ澄ます

最初の作業で洗い出した5つのうち1つだけを選択し、より詳細な検討を加えてSMARTゴールに変えていきます。

  • 具体的(Specific):できるだけ詳細に自分自身のゴールを書き留めてください。
  • 測定可能(Measurable):進捗状況をモニタリングし結果を確認するための定量的な指標を設定します。
  • 達成可能(Achievable):実現可能なゴールであることを確認してください。
  • 現実的(Realistic):ゴールをたどり着くための現実的な要件を認識します。
  • 期日(Time-Limited):ゴール実現までの期限を設定します。

3. PLAN:具体的な行動を計画する

SMART目標を、正しい方向に進むための小さな具体的なステップに分解します。来週から取るべき行動を少なくとも1つはリストアップしましょう。それを行う具体的な時間のスケジュールを設定します。これは、職場でも家庭でも、より大きな意味を持って生活することの実践です。

4. GET SUPPORT:周囲から支援を得る

新しい目標を周囲に知らせ、必要になる可能性のあるさまざまな種類のサポートを求めることができる家族、友人、または同僚を思い浮かべてください。自分の掲げたゴールを誰にいつ、どのように話し、どのような支援を得るのかを計画していきます。

5. REVISIT:確認し修正する

毎週、ゴールに対してどのように取り組んでいるかを評価します。自分自身の価値観に焦点を合わせて内省してみてください。ゴールにより近づくために次の週にどのような行動を取るかを決定し、必要に応じて新しいマイルストーンを設定します。

 

このプロセスには時間がかかります。ゴールを選択して計画し、ゴールが自らの価値観と一致していることを確認し続けるのは大変な作業ですが、その見返りは非常に大きなものとなるでしょう。