SEMINAR

セミナー

【終了しました】
『経営者が喜ぶ研修企画の極意 ~第2回  ハイパフォーマーを生み出す育成施策~』無料オンラインセミナー

セミナー概要

開催日時:2021年3月9日(火) 13:00 ~ 14:00
視聴方法:Zoomによるオンライン配信 
費用:無料(事前申込制) 
定員:20名 ※先着順

お申込みフォームはこちら
https://invenio.satori.site/20210309seminar

■開催趣旨 ~経営者が喜ぶ研修とは~
どのような企業にとっても最も重要な課題の一つは人材の育成です。ところが、業績が悪くなると真っ先に予算がカットされるのは人材育成です。なぜでしょうか?
理由は、経営者にとって育成の成果が見えづらいからです。特に上場企業の場合、株主からは利益成長が求められます。「一連の社員の育成施策は業績向上につながっているのか?」と株主に問われたときに、「確実につながっています」と明確に答えられないからです。
ではどうすれば、業績につながっていると言い切れるようになるでしょうか?
鍵は、業績につながる「行動」の開発です。
企業で働く人はそれぞれ果たすべき役割があり、成果責任を負っています。そして成果の集合体が業績を生み出します。成果を上げるためには「行動」が不可欠であり、「人財開発の本質は行動の開発である」と、研修企画担当者が明確に認識することが第一歩です。
「当社の業績はこのような一連の成果によって実現される。私たちの育成施策はそれらの成果を上げるのに必要な行動の開発に焦点を当てている。だから、当社の育成施策はどれも業績向上に『直接的に』役立っている」と経営者が答えられるような研修を企画するためのセミナーです。

■第2回 ハイパフォーマーを生み出す育成施策
< オンラインセミナーのポイント>
今回のオンラインセミナーでは、一貫して、「経営者が育成に投資をするのは、”結果を出せる組織”を作りたいからである」、という前提に立って、研修企画、育成施策立案の重要ポイントについて話を進めて参ります。
ポイントは「パフォーマンスモデル(会社の業績がどのように生み出されるか)」と「個人の行動モデル(行動はどのように引き起こされるか)」を理解することです。

<主なトピック>
(1) 行動心理学における個々人の行動モデル
(2) 「結果」との相関性が高いのは「動機・性格特性」
(3) ハイパフォーマーの科学的分析で開発すべき行動を導く
(4) ハイパフォーマーモデルに近づけるための行動開発の原則
(5) 未来のハイパフォーマーを定義するには
などについてレイル社の須古社長をゲストにお招きし、業績向上につながる行動の特定の仕方について話を進めていきます。

■講演者
株式会社レイル 代表取締役社長 須古 勝志 氏
株式会社インヴィニオ 代表取締役 エデューサー 土井 哲

  • 日時

    2021年3月9日 13:00~14:00

  • 参加費

    無料(事前申込制)

  • 対象者

    事業責任者、経営企画部長、人事部長
    ※同業種の方からのお申し込みはお断りすることがございますので予めご了承ください。

  • 視聴方法

    Zoomによるオンライン配信  ※後日、配信URLをご案内いたします。

  • お申込み

    https://invenio.satori.site/20210218seminar

REPORT

セミナーレポート

研修企画者は、①どのような行動を開発するのか ②どのように開発するのが効果的か この2つを明確にする必要があります。第2回ではこれらについて話を深めてまいります。

今回は、株式会社レイル社の代表取締役社長 須古さんにゲストとしてお越しいただき、弊社代表土井が質問する形を取りながら、下記5つのポイントについてお話いただきました。

<アジェンダ>
・行動を生み出す「氷山モデル」
・成果に直結するのは「ヒューマンコア(性格特性・動機)」
・ハイパフォーマーの行動モデルは複数存在する
・一人ひとりのヒューマンコアに合わせたロールモデルの設定と行動開発がハイ・パフォーマー輩出の鍵
・ハイパフォーマーだけではなく、全体の「底上げ」と実現方法

セミナー動画視聴を希望される場合は、下記フォームに必要事項をご入力の上、ご送信ください。後日、配信URLを送付いたします。
同業種の方・フリーメール(Gmail, Hotmailなど)のお申込みの場合は、お断りすることがございますので予めご了承ください。

この記事をシェアする