SOLUTION

ソリューション

ー現場の負荷をなくし、質を高める-
HRTech×コーチによる1on1 導入&定着支援サービス『1on1 サポマネ』

1on1

そもそも1on1とは

  • • 1on1ミーティングとは、上司・部下による定期的な1対1の定期的な対話の時間のこと。

    • 一般的な面談との大きな違いは、 「上司のための報告の場」でも「目標や成果を確認する場」でもなく、あくまで「部下のための時間」であることが特徴。

    • 上司は時にカウンセラーのように部下の話を聴き、部下の状況や問題、関心事を把握するとともに、必要に応じて適切なアドバイスを通じて、部下が抱える悩み、課題を解決していく。

4割の企業が既に1on1を導入(導入率)

  • 近年、1on1を導入する企業が急激に増えています。2020年、日本の人事部が実施した調査では、既に4割以上の企業が1on1を導入していることがわかっています。

1on1導入企業

1on1導入の社会的背景(なぜ、1on1を導入するのか)

  • 企業が1on1導入を進める背景として、以下のような社会的背景があると言われています。

    • 会社以外での個人事情の複雑化(親の介護、男性の育児参加、保育園事情etc)
    • 心の病を抱える人の増加
    • ブラック企業や過労死など、残業や働き方の社会問題化による管理義務の強化
    •転職市場の広がりにより、より転職しやすい環境
    •納得しないと動かない若者層の増加
    •キャリアの見えない時代の中で、将来に悩む若手社員の増加
    •個人の幸福感、仕事観の変化と多様化
    •コミュニケーション機会の減少 

正しい 1on1ミーティングの導入を通じて期待できる8つの効果・目的

  • ① 上司と部下の間に揺るぎない信頼関係が生まれる
    ② 心身が不調で休職になるところだった部下が、早期の対策で活き活き働き出す
    ③ やる気のなかった部下が自発的に動くようになる
    ④ 評価査定の後、不機嫌になる部下がいなくなる
    ⑤ 仕事に飽きてきた優秀な上位2割が、再び情熱をもって業務にチャレンジを始める
    ⑥ 「後手の対応」から「先手の対応」へと人材マネジメントが変わる
    ⑦ 部下からの「ちょっといいですか?」のミーティング時間が、本当に「ちょっと」になる
    ⑧ 「ビックリ退職」がなくなる

    世古詞一著「シリコンバレー式 最強の育て方 ― 人材マネジメントの新しい常識 1 on1ミーティング―」より

現場の実態-1on1がうまくいかない理由-

  • しかし、1on1を導入された企業の現場からは以下のような声が聞こえてきます。

    「つい業務の確認ばかりになってしまい殺伐としてしまう」
    「準備や記録にかかる 時間的・精神的負担 が大きい」
    「ただの雑談になってしまい、何のために1on1をやっているのかわからない」
    「相手にとって意味のある時間になっているのか不安 」
    「自分自身が1on1なんてやってもらったことがない (正しい1on1がわからない)」etc

1on1の効果を上げるには、現場に丸投げではなく、具体的支援が必要

  • ただでさえ忙しく、かつ、これまで自分達自身も正しい1on1を受けたことがない現場マネージャーの皆さんに、具体的な支援もないままに、「1on1をやれ」と指示を出して、はたして1on1は機能するのでしょうか?

    そんな問題意識から、私たちは、日本企業で初めて世界のHR techスタートアップ30社にも選出され、国内外の様々なHRTechの賞を受賞している「KAKEAI」社、そして、これまで多くの企業において管理職支援に携わってきた多彩なコーチ陣とともに、1on1導入&定着支援サービス『1on1 サポマネ』を新たにリリースします。

こんな課題意識をお持ちの方に『1on1 サポマネ』 サービスがおすすめ

  • ・1on1はあくまで上位目的解決のための「手段」であり、「目的」ではないと考えている人事責任者・担当者様

    ・組織の最前線で葛藤・孤軍奮闘するマネージャ―・リーダー層に対し、人事として、何らかの「具体的支援策」が必要ではないかと考えている人事責任者・担当者様

サービス詳細資料のダウンロード

下記フォームへ必要事項をご記入の上、詳細資料ダウンロードへお進みください。
※フリーメール(Gmail, Hotmailなど)でのご登録はできません。

この記事をシェアする