WEBINAR

ウェビナー

トップから始める組織変革、組織開発

2021.02.11

今回は、加藤雅則氏にご登場いただき、組織変革・組織開発についてお話いただきました。加藤氏はエグゼクティブ・コーチングを活用して、組織変革に取り組んでいらっしゃいます。エグゼクティブ・コーチングという言葉は、いろいろな場面で耳にしますが、実際にはどのようなことをやっているのか?ということを具体的な例を交えてご紹介いただいています。

組織開発とは何か 近年、「組織開発」という言葉はよく聞きますが、実際の現場ではどのようなことが行われているのか、加藤氏の考える組織開発について、詳しくお伺いしていきます。どのように誰から依頼があるのか、というところから、加藤氏が今のスタイルに至った過去の事例など、現場で実際に起こった具体的な事例をもとに、土井が掘り下げていきます。

エグゼクティブ・コーチング エグゼクティブ・コーチングってよく聞くけど、実際には何のために、だれが、どんなことをしているの?と思っている方も多いのではないかと思います。今回のWebinarでは、実際のエグゼクティブ・コーチングでどのような会話がなされているのか、その会話の中で、経営者の方々がどのように変革の意思を固めていくのかの過程などを詳しく語ってくださいます。

役員合宿、エグゼクティブ・ワークショップ 全社的な理念浸透や組織開発の活動を始める前にやるべきことと加藤氏が考えているのは、役員の方々の現状認識をそろえること。経営チームの一枚岩を作っていくところが、組織開発の本丸と考えているそうです。そのために行うのが、エグゼクティブ・ワークショップと呼んでいる役員合宿。加藤氏はその前に、参加される方にインタビューを行う“仕込み”を行い、それが重要なのだと語ります。そのインタビューで加藤氏はどのようなことを聞き出し、それが合宿でどんな風に活かされるのか、実際の場面で発生した事例を交えて語ってくださいます。

この記事をシェアする