WEBINAR

ウェビナー

人と組織のパフォーマンスを上げる4つの視点

2021.02.10

WEBINARの初回を飾るゲストは慶應義塾大学大学院 特任教授 高橋俊介氏です。 「人と組織のパフォーマンスを上げる4つの視点」というテーマで4回にわたりお話を伺います。

理念とビジョンの浸透 第1回のテーマは「理念とビジョンの浸透」です。 グローバル展開をする企業、従業員の年齢構成が幅広くいろいろな「世代」の社員から構成される企業では、組織に一体感を醸成するために理念やビジョンを掲げ、社員に浸透する取り組みをされていらっしゃると思います。
このような取り組みにおいては、パフォーマンスを上げるという視点から見た時に、何が重要になるのでしょうか。

>>経営理念浸透のソリューションはこちら

ひとりひとりの内的動機を生かす 第2回のテーマは「ひとりひとりの内的動機を生かす」です。人と組織のパフォーマンスを上げるには、個人の成長がとても重要になります。激変の時代において、ひとりひとりのキャリア形成を支援しなければ、変化についていけませんが、ただ個性を伸ばせばいいというわけではありません。では、どのように内的動機を生かして個性を伸ばしていくのでしょうか。

経営視点の人財像・組織像 第3回のテーマは「経営視点の人財像・組織像」です。競合企業との競争に勝ち、成長し続けることを望む企業にとって、競争優位性を持つことはとても重要になります。競争優位性の源泉となる人材像とその人材が活躍できる組織像について深堀りしていきます。

これからのリーダーシップ 第4回のテーマは「コーチング」です。人と組織のパフォーマンスを上げるために必要なリーダーシップは、目指す組織環境などによって異なってきます。また、 これからのリーダーシップに必要な構成要素について議論していきます。

この記事をシェアする